バチェラーSeason3を婚活アドバイザー目線で観る。(エピソード8編※ネタバレあり)

今回のバチェラーは女性たちの家族とバチェラーが対面する回でした。

今回残っていた4名
・元北新地ホステスの 水田あゆみさん(30)
・ぶどう農家の 岩間恵さん(25)
・広告代理店広報の 野原遥さん(28)
・シングルマザーで広告代理店・モデルの 田尻夏樹さん(30)

のご実家をバチェラーが訪問しました。

家族と女性
女性とバチェラー
その会話の中から今回1つのキーワードがあったように思います。

それは

覚悟。

まず野原さんのご自宅での会話。
野原さんの口から出た結婚観に関する言葉がありました。
それは、

一緒になるって決めたら覚悟は決めてる。歩み寄るしかない」

という言葉。
これには野原さんの結婚に対する価値観がよく表れているし
強さがにじみ出る言葉でしたね。

そして、バチェラーが家では「洋服もぬぎっぱなし」という言葉に対して
結婚したら「スムーズにできるように用意してあげる」
「’この中にいれておいて’ってそれならできるでしょ?」
なんて結婚後の生活を想像させる話も。
相手が苦手なことに対して、
’自分がやってあげられること’を
押しつけがましくなく提案できる。
素敵ですよね!(え、もう野原さん推しがダダ洩れすぎる?(笑))

そしてです。

もう1人、’覚悟’について言及した方がいました。
ぶどう農家の岩間恵さんです。
当初から神戸で結婚生活を送りたいと言っているバチェラーに対して
彼女はこう言いました。
「なんで神戸にこだわるの?
今すぐはいけない。
そこまでの覚悟ができない。」
と。

今すぐはいけないってどういう意味でしょう。
今すぐじゃなくていつならいけるんでしょうか。
一定期間山梨に残ったらなにか変わるのでしょうか。
決断を先延ばしにするだけ。
そんな感じをうけてしまいました。

「神戸へ行くことは期待も不安もある」
だからすぐ行く覚悟ができない、という岩間さん。


これを聞いて、
これまで散々女性陣を試してきたバチェラーのあれを思い出してしまいました。

例えば、勇気であったり覚悟であったり、その人の強さをはかる機会として池に飛び込んでもらったり。
岩間さんに対しても、先にバチェラーがプールに飛び込み
そのあと、ドレス姿のままでも一緒にプールに飛び込んできてくれるのか、
そんなことをバチェラーはいろいろ試してきていました。

おそらく求めているのは
「多少のリスクがあっても勇気をもって前を向いて進める強い女性」
そこからそのようなことをやっているのだと思っていました。

もしそうなのだとしたら、やっぱり岩間さんの価値観はバチェラーが本来求めていた女性像とは遠いと思います。(でもそれ抜きにして岩間さんに恋しちゃってるなら・・そこがこじれる要因(笑))

今回の発言に関してもバチェラーは岩間さんのことを
「芯の強さ」と表現していました。
でも芯の強さというのは自分の信念からくるものと思っています。
岩間さんの今回の発言は、信念というより不安からきているものだと思いました。

芯の強さと我の強さは似て非なるもの。。。

おそらくこのような感覚をスタジオの今田さん、藤森さん、指原さんも感じたから

「結婚したら岩間さんとはケンカになりそう。9日くらい口きかないとかありそう」

との発言になったんではないかと。。

そんなことをおもいながら今回のエピソード8も楽しみました!
残ったのは、野原さん、岩間さん、水田さんの3人。
ここまでは想定内でしたね!!

次はいよいよバチェラーのご家族と3人が対面です。

楽しみですね!!

またきままに思ったことをレポしたいと思います。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら